ユーティリティこそ弾道調整機能付きがオススメ

ユーティリティの弾道調整機能で自分のスイングにクラブを合わせよう

TOP > ユーティリティーの選び方 > ユーティリティこそ弾道調整機能付きがオススメ

更新日:
ユーティリティこそ弾道調整機能付きがオススメのイメージ画像

ドライバーではおなじみの弾道調整機能。

別名「カチャカチャ機能」とも言われているもの。

弾道調整機能で主に変更できるのは、
ロフト角、ライ角、フェース角、そして重心位置の4つ。

確かに、ドライバーでの方向性と飛距離はとても大切。グリーンを狙う際のベストポジションにボールを運ぶことは、スコアメイクのポイントにもなります。

OBやクロスバンカー、深いラフにティーショットを打ってしまうと、今後のプレイに大きく響くしね。

でも、ピンを狙う正確なショットを打つユーティリティは、ドライバー以上に弾道調整機能によるロフト角、ライ角、フェース角、重心位置の調節が大切になります。

つまり、ユーティリティこそ、弾道調整機能で自分のスイングにユーティリティを調節することで、よりゴルフをやさしく高スコアでプレイできる可能性が高くなるってこと。

弾道調節機能でできること
  • ロフト角
  • ライ角
  • フェース角
  • 重心位置

関連記事

Top へ