ユーティリティの飛距離で200ヤードも楽々

ユーティリティーは、初心者ゴルファーでも比較的安定して飛距離を出せるお助けクラブ
ユーティリティの飛距離で200ヤードも楽々のイメージ画像

グリーンまで残り200ヤードとなると、
ロングアイアンか
フェアウェイウッドの出番になる。

ところが、

アベレージゴルファーにとってロングアイアンは、
一番苦手といってもいいほど上手く打てない。

ロングアイアンがなぜ苦手かというと、

ロフトが立っていてヘッドは小さく、シャフトも長い、
飛距離も出さないといけないことがプレッシャーになり
ミスショットの確率が非常に高くなる。

フェアウェイウッドも難しいクラブ

その理由は、

フェース面積が小さくシャフトが長いので、
ショットの技術がないと上手く打てない。

番手ごとの飛距離も正確に打ち分けられないので、
5Wと7Wで飛距離が変わらないというゴルファーも多い。

そこでオススメなのがユーティリティ

ユーティリティ(UT)は、
アイアン感覚でスイングでき、フェース幅も長く大きい。

なんといってもフェアウェイウッドに比べて、
シャフトが短いためスイングしやすく、
ボールに上手く当てることができるため

ミート率がアップする

つまり、

ユーティリティーは、
初心者ゴルファーでも比較的安定して
飛距離を出せるお助けクラブといえる。

ロングアイアンが苦手で
フェアウェイウッドもイマイチ、

そんな人には、
ユーティリティを使ってみることをおすすめします。

ユーティリティはロフトで選ぶ

ユーティリティはウッドとアイアンの飛距離差を打ち分けるために必要なクラブなので番手よりロフトを重要視する

通常クラブを選ぶときには、3番ウッドとか、3番アイアンとか番手で選ぶ。

しかし、

ユーティリティを選ぶ際は、番手より、ロフトを重要視して自分に必要なユーティリティを選ぶようにする。

そもそもユーティリティは、ウッドとアイアンの間を埋めるクラブ

たとえば、クラブセッティングでウッドが1W、3W、5W、アイアンは5Iからだとするとユーティリティの番手で選ぶとU3、U4という感じになる。

しかし、5Wのロフトが18度、5Iのロフトが25度とした場合、おすすめのロフトは20度と23度になるが、番手で選んだU3、U4が18度と20度だったりすると飛距離にムラができてしまう可能性がある。

つまり、

ユーティリティは、
ウッドとアイアンの飛距離差を打ち分けるために必要なクラブなので、
番手より、ロフトを重要視する方がより距離を打ち分けやすくなると言うことになる。

アイアン型ユーティリティをティーショットで使う

アイアン型ユーティリティで風に負けないボールを打つ

一般的にアマチュアには難しいと言われているアイアン型ユーティリティ。

しかし、うまく使えばアイアン型ユーティリティは強い味方になる。

アイアン型ユーティリティーの特長は、ポールが吹き上がらないこと。だから狭いティーショットや風の強い日など距離を出したいけど曲げたくないと言う時に使える。

アイアン型ユーティリティは、ロングアイアンに比べて非常に優しくボールを打てるので、迷いなく思い切って振っていけるのも大きなメリット。

今やアイアンセットから3番4番のロングアイアンが消えていく流れを考えると、アイアン型ユーティリティが定番クラブのひとつになるのではないでしょうか。

おすすめユーティリティのセッティング

あなたはユーティリティー派、それともウッド派

アイアンよりも楽にボールを上げて止められる、ユーティリティを上手く使ってやさしくゴルフを楽しもう。

ユーティリティ派におすすめのセッティング

アイアンを5番まで抜いてロングアイアンを全てユーティリティに変更。
200ヤード前後を確実にやさしく狙っていきたい人におすすめのセッティング。

ウッド 3本
ユーティリティ 3本
アイアン 4本
ウェッジ 3本

クラブ 番手
ウッド 1W 3W 5W
ユーティリティ U3 U4 U5
アイアン 6I 7I 8I 9I
ウェッジ PW AW SW

ウッド派におすすめのセッティング

ドライバーが得意で長いクラブが苦にならない。ダフリが多くアイアンが苦手。楽にボールを上げられて飛距離とキャリーを稼ぎたい人におすすめのセッティング。

ウッド 5本
ユーティリティ 1本
アイアン 4本
ウェッジ 3本

クラブ 番手
ウッド 1W 3W 5W 7W 9W
ユーティリティ U5 or U6
アイアン 6I 7I 8I 9I
ウェッジ PW AW SW

おすすめユーティリティ 最新記事一覧

テーラーメイド M6レスキューもツイストフェースで安定した弾道

テーラーメイド M6レスキューもツイストフェースで安定した弾道のイメージ画像

ついにレスキューまで「ツイストフェース」を搭載してきたテーラーメイド M6レスキュー。ツイストフェースの安定した弾道には定評があるみたいね。「スピードポケット」も新しくなりスイートエリアも大きくなりスピン量を抑えてボール初速をアップしている。ソールも新しくなり、低重心化し慣性モーメ ...(続く)


フェースプログレッション

フェースプログレッションとは、シャフトの中心線の延長線からリーディングエッジが、打球方向にどれだけ出ているかを表すもの。ユーティリティの場合、リーディングエッジが打球方向に出ているプログレッションが大きいと、ボールを上げやすいが右に出やすくなる。リーディングエッジが打球方面に出てい ...(続く)


ゴルフ ユーティリティの名器

ゴルフ ユーティリティの名器のイメージ画像

「手放せないクラブ」。そうして長く使われる1本が名器となる。ユーティリティもそのような名器と言われるクラブが多い。ユーティリティというカテゴリを確立したのが、プロギアの「ズームi」。全英オープンで丸山茂樹プロが使用していたことで有名。難しいロングアイアンを、低重心でワイドソールにする ...(続く)


ユーティリティこそ弾道調整機能付きがオススメ

ユーティリティこそ弾道調整機能付きがオススメのイメージ画像

ドライバーではおなじみの弾道調整機能。別名「カチャカチャ機能」とも言われているもの。弾道調整機能で主に変更できるのは、ロフト角、ライ角、フェース角、そして重心位置の4つ。確かに、ドライバーでの方向性と飛距離はとても大切。グリーンを狙う際のベストポジションにボールを運ぶことは、スコアメイ ...(続く)


ユーティリティ選びで重量の逆転に注意しよう

ユーティリティ選びで重量の逆転に注意しようのイメージ画像

クラブセッティングの基本は、すべてのクラブを同じタイミングで振るために、ドライバーのような長いクラブほどウエイトが軽く、ウエッジのような短いクラブほど重いというセッティングになっています。全てのクラブを同じブランドのモデルにしていれば問題はないが、違うモデルを組み合わせたときに、シャフト重量の違 ...(続く)


スポーツ選手愛用のファイテンネックレスで肩こり解消

スポーツ選手愛用のファイテンネックレスで肩こり解消のイメージ画像

今ではほとんどのアスリートたちが使用しているぐらいよく見かける磁気ネックレス。プロゴルファーでは、松山英樹プロが愛用していることで有名ですよね。松山英樹プロは、ファイテンのネックレスやブレスがないと、ボールがどこに飛ぶかわからないと言うほど信頼しているようです。まぁ私たち一般人には、 ...(続く)


テーラーメイドの新型ユーティリティはロフト調整機能がついたアイアン型が注目

テーラーメイドの新型ユーティリティはロフト調整機能がついたアイアン型が注目のイメージ画像

全英オープンでテーラーメイドの新型ユーティリティが披露されたそうです。そのユーティリティの名前は、「GAPR(ギャッパー)」。長いクラブとの間の「ギャップを埋めるためのクラブ」と言うことらしい。新型ユーティリティのラインナップは、アイアン型「LO」ウッド型「HI」その中間「MID ...(続く)


ゴルフ用腕時計ならコースも距離もわかるカシオ プロトレック・スマートがおすすめ

ゴルフ用腕時計ならコースも距離もわかるカシオ プロトレック・スマートがおすすめのイメージ画像

腕時計をつけてゴルフをプレイする人は意外と多い。ゴルフをプレイするときにつける腕時計なんだから、どうせならゴルフに役立つ腕時計の方がいいですよね。ゴルフをプレイする上で必要なことと言えば、やはりタフなボディ。重さも違和感なくクラブが振れる軽い方がいい。ゴルフなら当然、GPSナビゲーシ ...(続く)


ブリヂストン JGR HYユーティリティでキャリーでピンを狙う

ブリヂストン JGR HYユーティリティでキャリーでピンを狙うのイメージ画像

ブリヂストン JGR HYユーティリティの特長は、キャリーでピンを狙える飛距離性能が魅力。JGR HYユーティリティのピンをキャリーで狙える飛距離の秘密は、フェースの肉厚を調節、下部のスリットもプラスされスイートエリアを拡大。クラウンのスリットがさらなるたわみを生み、初速アップ、高い打ち出 ...(続く)


プロギア RS ユーティリティでギリギリまで飛ばす

プロギア RS ユーティリティでギリギリまで飛ばすのイメージ画像

プロギア RS ユーティリティの特長は、ルールギリギリまでの高反発で飛ばすこと。RS ユーティリティの飛ばしの秘訣は、プロギア独自のWクラウン設計でたわみを強化し反発を高めさせ、トゥヒールの左右の慣性モーメントと、上下の慣性モーメントを活用して、反発エリアも拡大している。つまり、芯を ...(続く)


Top へ