ユーティリティの飛距離で200ヤードも楽々

ユーティリティーは、初心者ゴルファーでも比較的安定して飛距離を出せるお助けクラブ

TOP > ユーティリティーの選び方 > ユーティリティの飛距離で200ヤードも楽々

作成日:
ユーティリティの飛距離で200ヤードも楽々のイメージ画像

グリーンまで残り200ヤードとなると、
ロングアイアンか
フェアウェイウッドの出番になるよね。

ところが、

アベレージゴルファーにとってロングアイアンは、
一番苦手といってもいいほど上手く打てないクラブのひとつ。

ロングアイアンがなぜ苦手かというと、

ロフトが立っていてヘッドは小さく、シャフトも長い、
飛距離も出さないといけないことがプレッシャーになり
ミスショットの確率が非常に高くなる。

フェアウェイウッドも難しいクラブ

その理由は、

フェース面積が小さくシャフトが長いので、
ショットの技術がないと上手く打てない。

番手ごとの飛距離も正確に打ち分けられないので、
5Wと7Wで飛距離が変わらないというゴルファーも多い。

そこでオススメなのがユーティリティ

ユーティリティ(UT)は、
アイアン感覚でスイングでき、フェース幅も長く大きい。

なんといってもフェアウェイウッドに比べて、
シャフトが短いためスイングしやすく、
ボールに上手く当てることができるため

ミート率がアップする

つまり、

ユーティリティーは、
初心者ゴルファーでも比較的安定して
飛距離を出せるお助けクラブといえる。

ロングアイアンが苦手で
フェアウェイウッドもイマイチ、

そんな人には、
ユーティリティを使ってみることをおすすめします。

関連記事

ユーティリティはロフトで選ぶ

ユーティリティはロフトで選ぶのイメージ画像

通常クラブを選ぶときには、3番ウッドとか、3番アイアンとか番手で選ぶ。しかし、ユーティリティを選ぶ際は、番手より、ロフトを重要視して自分に必要なユーティリティを選ぶようにする。そもそも...続く

アイアン型ユーティリティをティーショットで使う

アイアン型ユーティリティをティーショットで使うのイメージ画像

一般的にアマチュアには難しいと言われているアイアン型ユーティリティ。しかし、うまく使えばアイアン型ユーティリティは強い味方になる。アイアン型ユーティリティーの特長は、ポールが吹き上がらない...続く

おすすめユーティリティのセッティング

アイアンよりも楽にボールを上げて止められる、ユーティリティを上手く使ってやさしくゴルフを楽しもう。ユーティリティ派におすすめのセッティングアイアンを5番まで抜いてロングアイアンを全てユーティリ...続く

ユーティリティの長所と短所はゴルファー次第

ユーティリティの長所は、ウッドに比べて、シャフトが短いため振りやすい。ヘッド形状が、アイアン寄りのデザインのため違和感なく構えやすい。スイートエリアも広く、ミスショットに強い。重心もアイアン...続く

ユーティリティの番手と飛距離

ユーティリティの番手と飛距離の目安番手ロフト飛距離2U16°195~205ヤード3U19°185~195ヤード4U22°175~185ヤード5U25°...続く

Top へ