おすすめユーティリティはこれ

残り200ヤードでもグリーンが狙えるおすすめユーティリティを紹介します。

テーラーメイド ステルス レスキューの評価と口コミ

ステルス レスキューはドライバーのステルスと違って高弾道でやさしい
テーラーメイド ステルス レスキューの評価と口コミのイメージ画像

上級者に人気のテーラーメイド ステルス ドライバー。

スピン量が少なくて中弾道で飛ばせるのが、ツアープロやヘッドスピードの速いアマチュアにうけている。

そんなテーラーメイドユーティリティのステルスとなれば難しそうだが、意外と易しい設計になっている。

やさしく上がる高弾道

ヘッド上部のクラウンをカーボン化することによって、重量を軽くし余った重量を使って低・深重心化している。

高い直進性

ユーティリティのようなフェース面の小さいステルス レスキューにも「ツイストフェース」を搭載しミスヒットでも高い直進性を実現している。

振りやすい

Vスチールソールでソールの接地面積を抑え、クラブの振り抜きの良さを高めている。

フェース上部にアライメントを施すことで方向性が取りやすくなっている。

テーラーメイド ステルス レスキューの評価と口コミのイメージ画像

ステルス レスキューの口コミ

ステルスシリーズで一番進化したのがステルス レスキュー

弾道が高い

楽に振れて、高弾道

飛距離も伸びて大満足

5番アイアンも使うのが難しくなったシニアには凄い武器になってます。


グースネックのユーティリティでボールをつかまえよう

スライスしやすい人にはグースネックのユーティリティがおすすめ

ユーティリティには大きく分けて、アイアン型ユーティリティとウッド型ユーティリティがある。

その中でも、フェース面がやや内側に入っているグースネックのユーティリティがある。

フェース面が内側に入っていると言うことは、ボールのつかまりが良く、振り遅れに強いのでスライサーにおすすめのユーティリティとなる。

「飛ばそうと思って振れば振るほど右に行ってしまう」なんてスライサーにはグース顔のユーティリティを選んでみてはどうだろう。

グースネックのユーティリティのイメージ画像

アイアン型ユーティリティをティーショットで使う

アイアン型ユーティリティで風に負けない強いボールを打つ

一般的にボールが上げにくいのが、アイアン型ユーティリティ。

しかし、その特徴をうまく利用すれば強い味方になるのもアイアン型ユーティリティだ。

アイアン型ユーティリティの良いところは、ボールが吹き上がらないこと。

だから、

ドライバーの当たりがイマイチの時や狭いティーショット、風の強い日など距離を出したいけど曲げたくないと言う時に使える。

しかも、

アイアン型ユーティリティは、小ぶりなヘッドでネックからヘッドのつなぎ目がシャープなので、アイアンが大好きな人にとっては、アイアン感覚で打ちやすい。

アイアンが得意な人は、アイアン型ユーティリティで風に負けない強い球でグリーンを狙おう。

アイアン型ユーティリティのイメージ画像

Top へ